無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
実務補習2回目修了
07年12月合格者です。08年2月に続き、2回目も2月履修。

やりたかった商店街診断でした。 ちょっと特殊な商店街。

チーム最年長ってことで班長を拝命。

もし自分がやるなら、企業診断で一番大事なのは、徹底した事前リサーチと、依頼者へのヒヤリングだと思う。

クライアントが目指すものは何なのか、クライアントが現状をどう見ているのかが、ヒヤリングで分かる。客観的に見てどういう状況なのかが、事前リサーチで分かる。

実務補習で致命的に欠落しているのが、当にこの2つ。事前リサーチに時間がとれない。ヒヤリングの時間が不十分。限定された状況で、実習と割り切って取り組む。過度の期待をかけるクライアントは落胆する。

商店街は難しい。経済合理性では割り切れない、人間関係、感情、政治 > 経済合理性 なのだ。

いい経験をさせてもらった。終わってからみんなで飲んだ地ビールとオリジナルソーセージは旨かったなあ〜。



| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
実務補習15日間コースにしときゃよかった。
後の祭りってやつです。
申し込んだときには、2日間休みを取るので精一杯と思っていたのですが、その後、勤め先の営業停止が決まり、2,3月は片付け仕事メインになってしまいました。こんなことなら、がんばって15日間コースにしておけばよかったです。4月から職場が変わりますので、逆に7,8,9月の履修に暗雲が垂れ込めてきました。何とか、年内に終わらせて、診断士登録したいなあ。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習1回目(最終日)
私のプレゼンを聞いた社長の第一声は、 「微妙ですね。」でした。

 意訳1:その提言は私の考えている方向と違うので却下です。
 意訳2:その提言は聞いていて不愉快です。
 意訳3:その提言は間違っていると思います。

 実務補習の最終日、診断先企業を訪ねて診断結果の報告をしてきました。6人の報告のうち、社長からストレートにネガティブな反応があったのは私だけでした。言われたときには、チーム全員が一瞬固まりました。

 しかし、後で思い直し、私はこれを誇らしく思いました。なぜかというと、社長が、「いい提案だと思います」とか「そうですよね、私もそう思います」などと肯定的な反応を示したのは、社長が良かれと思って既に実行しているか、これから実行しようと思っていることとプレゼンの内容が一致した場合だったからです。もうやっていることや、これからやろうと思っていることなら、その後押しにこそなれ、それ以上の付加価値はありません。即座に社長が首肯しなかった提言は、全くの的外れかそうでなければ、社長が見落としている、若しくは、直視したくないリアリティが示されていると考えたいと思います。

 しかし、最後の最後にコンサルの現実を垣間見ました。先日社長からお聞きした既に取り組みを開始している内容を中心に提言を組み立てて、それにインターネットでちょっと調べれば容易に入手可能な情報を振りかけたものをうれしそうに受け取る社長。耳障りだけれど核心をついた提言にはぎこちない不機嫌な反応しか示さなかった社長。どこの馬の骨だか分からない、コンサルタントの出来損ないが偉そうなことを言うのですから無理もありません。いつか、将来この診断書を見直された際に、社長と考えを一にしない提言が心の隅に残っていて何かの役に立てればと思います。

 とはいえ、自分としては、もちろん役に立つし、きちんと視野に入れて行動して欲しいと思っている内容が頭ごなしに否定された事実は無視できません。これが自社なら、信ずることろがきちんと実行に移されるような、行動計画、コミュニケーションスキルが是非とも必要になります。これが当面の課題です。

 それにしても疲れました。帰りに東京ドームの隣の天然温泉ラクーアに行って、初めての実務補習の疲れを落としました。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習3日目、4日目
 いよいよ明日は、診断先企業を訪問して報告会をやります。雪の予報なので、無事たどり着けるかちょっと心配です。

 3日目の昨日は、各自自分のパートの下書きを持ち寄り、読み合わせをやりました。全体のストーリー感、レベル感を合わせます。さすが、2度目、3度目の受講生は一日の長ありです。私は、思い切ってテーマを絞ったので、文量はありませんが、具体的な提案にまで持っていけたと思います。社長がどう感じられるか明日のプレゼンが楽しみです。他の人のパートにも積極的かつ建設的にコメントしました。リーダーの次ぐらいの貢献度はあったと思います。

 実際、今回の実習で一番勉強になったのは、まさにこの部分です。各自が自分のパートを持ち寄るだけでは、N人でNの力しかでませんが、お互いのアウトプットに、建設的な批判と提案を出し合うことによって、N+αの力が出せること、一人ひとりから本当の実力が引き出せることを学びました。一方で、今までの自分の会社での仕事ぶりは、この+αを引き出すインタラクティブな努力が足らなかったのではないか、今後、ここを強化すべきではないかと感じた次第です。しかし、この作業は疲れます。へとへとになりました。

 4日目の今日は、胃の調子が悪く、朝から体調ボロボロ。朝食抜きで出かけてました。遅れていたパートを取り込んで、報告書を印刷してバインダに閉じました。お昼を食べて少し早めに解散。パソコンを戻しにオフィスに立ち寄った際に2度ほど自分のプレゼンのリハーサルをやりました。誤植を2つ見つけてしまいましたが、ドンマイです。明日は、持ち時間10分をパッションを持って臨みたいと思います。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習第1回目(2日目と3日目の間)
 考えが甘かった。

 提案の大筋はみんなでワイワイがやがや決めても、実際に各パートを下書きするのは、1人でやらなければなりません。平日は何かと忙しく、3日目(日曜日)の前日の土曜日(今日)に一気にドラフトしようと思い、2日目以降5日間寝かしたため、すっかりさび付いてしまいました。記憶をリフレッシュするのに一苦労です。

 班長さんがドラフトしてくれた報告書のドラフトや他のメンバーの下書きを見ながら記憶を呼び覚まし、何とか現状分析から着手したものの、提案の方向性や、具体的提言内容を決めずに寝かせたため、そこではたと止まり、結局下書きに「何と8時間」もかかってしまいました。

 週末子供の面倒を全くみれず、妻には激怒されました。試験の直前になってアタフタとした学生時代の思い出が瞬時によみがえりました。

 他人様の企業を診断助言させていただく以上、ビジネスだろうがボランティアだろうが手を抜く訳にはいきません。2回目、3回目の実務補習では心してかかろう。でも、これで漸くリズムが掴めた感じです。今回は実務補習3回目の若い班長さんが、とてもしっかりした優秀な人で助けられました。初回であることに甘えさせてもらって、次回からは、もっとスムーズに行きたいものです。

 ポイントは、何と言っても「鉄は熱いうちに打て。」 記憶の新たなうちに、現状分析から提言まで、書いてみることです。頭の中でウダウダ考えていても、分かっているようで全く分かっていない。「文章」にしてみないと絶対だめですね。

 反省っ!

| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習第1回(2日目)
 順調に進みました。

 今日は、八王子に集合。午前中はSWOT分析。午後は、提案の大筋を決めて営業、製造等々各分野毎に調整。

 、、いえば簡単ですが、議論が紛糾しなかったわけではありません。事実に基づかない、印象や推定(思い込み)による現状認識や提案や、「2次試験の解答ならこんな感じになるはずです」みたいな提案には、するどく噛み付く人もいて(ハイ、私です)、議論が白熱する場面もありました。

 20代の若者を相手に大人気ないといえばそれまでです。しかし、「中小企業診断士」という看板を背負うのに年齢など関係ありません。そもそも「2次試験の回答だったら」みたいな議論は診断先企業様に失礼だし、印象や思い込みと事実を区別するくらいの最低限の分別のない候補者は、合格できないような試験手続きをとって欲しいものです。

 そんなこともありましが、昨日のロングバージョンに懲りて、上手く調整しながら5時には解散。概ね順調です。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習第1回(1日目)
 一言、疲れました。

 9時半に神保町の日本教育会館集合。オリエンテーションの後、各班に分かれます。指導員と副指導員の中小企業診断士の先生と6人のメンバーが簡単に自己紹介と役割分担をして、早速、実務補習先企業へ向かいました。班によっては、訪問の前に企業概要の確認や質問事項の整理をされるところもあるようです。

 私たちの補習先企業は相模原市にある板金加工・塗装メーカー様です。午後1時半〜5時頃まで、休憩無しで社長さんが対応してくださり、会社の概要説明、質疑応答、工場見学などを行いました。まだお若い2代目社長さんですが、会社業務の隅々まで精通しておられて、不慣れな補習員の多少失礼とも思える質問にも、詳しく丁寧に答えていただきました。本当に頭が下がります。

 訪問後、淵野辺の貸会議室に場所を移し、班のメンバーで情報整理を1時間半ほど行いました。終わったのは7時半過ぎ。2日目の土曜日は、終日ヒヤリング結果の整理と診断方針の検討をやる予定です。非常に良く経営されていて、業績もすばらしく、実務補習泣かせな会社様です。どうなることやら。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コンサルティングの手習い(第1回実務補習前日)
 いよいよ明日2月1日(金)から、初めての実務補習です。仕事がありますが、今回は振替休日(日曜日出勤)をとって参加することにしました。会社の先輩に2、3年前に実務補習を終えられた方がいて、事前に詳しい話を聞こうと思っていたのですが、仕事が忙しくで果たせず。様子も分からず、とりあえず行ってみます。落第のある試験ではないし、まあ何とかなるでしょう。

 補習の案内にあったように、先週の土曜日、指導員の先生から事前指示のメールが来ました。内容は、6人のメンバー、指導員および副指導員の先生の紹介と、今回お世話になる製造業の企業様の紹介でした。案内では事前指示があるということでしたが、「ホームページを見ておくように」というシンプルな内容でした。
 
 メールは同報で来ていたので、早速、皆さんにご挨拶の返信をしました。メンバー構成は、私を含め初めての方が3名、2回目の方が2名、3回目の方が1名です。お仕事も銀行、コンピュータ関係、放送局等などバラエティに富んでいてお会いするのが楽しみです。それだけでも、受講する意味はあるなと感じました。お一人大手コンサルティング会社の本職の方もいらっしゃって、大企業向けのコンサルと、中小企業向けのコンサルの違いなどについてもお聞きできそうです。

 テキストと受講心得が、昨日(水曜日)送られてきていました。これを1日で予習するのは、随分急だなと思いましたが、「テキストの講義は、補習では行わない」と案内にありましたので、とりあえず、斜め読みだけしました。テキストには、診断に関するルールや指針のほか、ツールや報告書式などがあって、229ページの大作です。でも、自習用の読み物ではなく、講義および演習の教材だと思います。講義がないのはもったいないですね。

 仕事を離れて、しっかり勉強して来ようと思います。こんなにワクワクするのは久しぶりだなあ。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士実務補習(第1回目の補習先が決まりました。)
 最初の実務補習先が決まりました。神奈川県内の製造業の会社様です。実務補習指導員の先生から、昨日メールが入っていました。

 たかだか5日間の実務補習です。企業を診断するといった態度は、日夜、企業経営に心血を注いでおられる経営者並び社員の皆様に対し、失礼甚だしいことだと思います。まずは、経営者ならびに従業員の皆様の現状認識、問題点に全身耳になって、耳を傾け、たった一つでも、新たな「気づき」に貢献できればという気持ちで望もうと思います。
| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
中小企業診断士2次口述試験に合格しました。
 1次試験2回、2次試験(筆記)3回、同(口述)1回。ずっと勉強していたわけではありませんが、3年越しで漸くたどり着きました。

 今年の口述は、受験資格を得た800名中、799名の合格でした。口述試験は、やはり人定質問的な位置付けということなのでしょう。選に洩れた1名の方はどうしたのでしょう。何か事情があって試験場に来れなかったのかもしれませんね。お気の毒です。

 中小企業診断協会のHPにユーザ登録して、早速インターネットから5日間実務補習の申込みをしました。ランチタイムに振込みもしてしまおうとしましたが、銀行も郵便局も長蛇の列。明日出直します。HPには、中小企業診断協会への入会案内もありました。入会金3万円、年間費3.3万円、うーん、いろいろとお金がかかりますね。これはもう少しあとにしようと思います。



| Bamboo Raft | 中小企業診断士 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |